~元嫁離婚日記~ 開けてはいけない・・・決して開けてはいけないパンドラの箱

さとこの、実家に帰る頻度は増えていき

その頃には、私が夜勤の時にはほぼ

実家に子供を連れて帰っていました。

 

実家の母親に、子供をみてもらっていたら

育児疲れの身体も少しは休まるだろう

そう思っていました。

 

いや・・・今思えば違うかな・・・

 

何かは分からないものの、違和感らしきものは何となく感じていたんですよね。

 

ですが、自分にそう思い込ませていたんだろうな・・・

そう思うことで、心の平衡を保っていたんでしょう。

 

当時はもう、スマホの時代。

私も、さとこも、スマホは二代目。

さとこの初代スマホは、子供の練習用になるかも?と思い

共有のネット閲覧用に残していました。

私は基本、というかまず使わないんですけどね。

調べものにはパソコン使うので。

 

さとこが実家に帰っている時

夜はLINEをしても未読スルー

朝になってようやく、既読が付く状態。

 

どう考えてもおかしいし、怪しさ満点ですよね。

薄々感じてはいたんです、私も。

ですが、ハッキリしてしまうとどうしていいか分からない・・・

多分、現実と向き合うのを避けてたんだと思います。

先送りにしたところで、どうせいつかは現実はやってくるんですけどね・・・

 

そんな日々を過ごす中

運命の日が、突如訪れます。

 

 

今から6年前くらいになるかな?

人は、ショックなことや、イヤなことを忘れるようになっている生物

なので、ハッキリとは記憶に残ってないんですが

 

3月2日

この日付だけはハッキリと記憶に残っています。

というのも、翌日に私の実家で

上の娘の雛祭りのお祝いをしたから。

 

3月2日、その日は夜勤明け。

いつもの如く、さとこと子供2人は、さとこの実家に泊まりで行っています。

 

 

夜勤を終え、誰もいない家に到着。

今思えばですが、おかしな光景ですよね。

旦那であり、父親である私が、夜勤から帰宅したらいつも

 

「一人ぼっち」

 

これを、ありふれた日常と認識し

おかしいやん!と思えないほどに

当時の私の心は痩せ細っていたのかもしれません。

 

 

リビングで、自分のスマホでよく見るサイトを見ていました。

そう言えば、お腹減ってきたなぁ

近くのコンビニへ車で行き、弁当とお茶を買い

誰もいない自宅リビングで、お一人さん気分全開で昼食タイム。

あまり、味を感じない昼食。

 

食事後、横になり

家で共有で使っていた、さとこの初代スマホを手に取りました。

自分のスマホだけで事足りるので、普段はめったに触らないんですけどね。

何故か?この時はこのスマホを手に取りました。

 

ネットを観ていて、ふと

 

昔よくやっていた、mixiを思い出します。

 

ああ

昔よくやってたなぁ

懐かしいなぁ

 

アカウントは消してないんで残っています。

パスワードも覚えています。

 

今、どうなってるんやろ?

何か変化あるんかなぁ?

 

すごく久しぶりにmixiが見たくなり

ブックマークからタップすると

 

 

さとこの

昔のニックネームのトップページが開きました。

 

 

ログアウトしてない???

 

 

胸の鼓動が高まります・・・

 

 

見てはいけない・・・

 

 

そんなことくらい、分かりすぎるくらい分かっています。

 

見ても、私にとって「いいこと」が書いてある可能性は

ゼロなのも分かっています。

 

そんなこと・・・

分かりきっているはずなのに・・・

 

私は・・・

 

見てしまいます・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)